犬の口臭の原因はこれだ!

 

愛犬を飼っていて、「口臭が酷い気がする」「前よりも口が臭くなった」と悩んでいる飼い主さんはいませんか?

 

今までとは違って愛犬の口が臭いと、「何か体調に問題があるのでは?」と不安になりますよね。

 

そこで、このページでは犬の口臭の原因を幾つか紹介していますので、愛犬に該当するのかどうかチェックしてみましょう。

 

歯垢が付着して歯石に変化している

 

愛犬の口臭の多くは、私たち人間と同じように歯垢が付着して歯石に変化しているのが原因です。

 

中でも小型犬は歯が密集して生えていますので、大型犬と比べて歯と歯の隙間に歯垢が溜まりやすい傾向があります。

 

なぜ歯垢が増えて付着すると口臭が酷くなりやすいのか、詳しいメカニズムをまとめてみました。

 

  1. 愛犬の歯のお手入れが不十分で食べカスが歯の間に溜まる
  2.  

  3. 口内の細菌が食べカスを栄養分にして歯垢を作り出す
  4.  

  5. 歯垢を除去しないと、だんだんと硬くなって歯石に変化する
  6.  

  7. 歯石を放置しているとプラークや歯肉炎が進行して歯周炎に繋がる
  8.  

  9. 歯周ポケットが形成されて口内の雑菌が入り込んで繁殖する
  10.  

  11. 雑菌がタンパク質を分解すると口臭の原因となる揮発性イオウ化合物が産生される

 

 

 

 

3歳以上の犬の約8割は歯周病を起こしていて、毎日のデンタルケアを怠っているのが大きな原因ですね。

 

ガーゼやコットンで愛犬の歯を擦り、黄色っぽいものが付着したら歯垢が溜まっているサインですので注意しましょう。

 

胃腸などの内臓に問題が潜んでいる

 

「デンタルケアを丁寧に行っている」「タオルで歯を擦っても歯垢が付着しない」といった状態なのにも関わらず、愛犬の口臭が酷い場合は胃腸などの内臓に問題が潜んでいる可能性がありますよ。

 

次のように内臓の不調が続くと、口臭の症状も同時に悪化しやすいのが特徴です。

 

・胃の働きが悪い

・肝臓が悪い
・腎臓が悪い

 

犬の腸内の中には人間と同じように、何億個もの細菌が存在しています。

 

これはごく当たり前のことなのですが、腸内の善玉菌が減って悪玉菌が増殖するとアンモニアや硫化水素などの腐敗物質が大量に発生し、悪臭が口から出る原因となるのです。

 

動物性脂質を過剰摂取させていたり散歩不足でストレスが溜まったりしていると、内臓の不調に繋がりやすいので気を付けないといけません。

 

 

与えているドッグフードに問題がある

 

毎日与えているドッグフードに問題があると、愛犬の口臭が酷くなる原因となります。

 

愛犬の主食であるドライフードは日持ちして非常に便利ですが、以下のような取り扱い方をしている飼い主さんは注意が必要です。

 

・開封してから時間が経っているドッグフードを与えている
・保存の仕方が悪くてしけっている
・愛犬が食べ終わるまでフードを食器に出しっぱなしにしている

 

ドッグフードの取り扱い方や食べさせ方が間違っていると酸化して新鮮さを失い、愛犬の口臭に繋がりやすくなります。

 

また、ウェットフードばかり食べさせていると、歯の間や舌に食べカスが付着して口が生臭くなりやすいと覚えておきましょう。

 

犬の口臭の正しい対処法はこれだ!

 

「ただ口が臭いだけだから大丈夫」と、愛犬の口臭を放置するのはNGです。

 

歯垢や歯石が原因で口臭が酷くなっている場合、歯周病や歯肉炎を発症して次の症状が出てきます。

 

・歯肉が赤くなる
・歯がグラつく
・口が痛む
・硬いものが噛めなくなる
・鼻から膿性鼻汁が出てくる
・目の下や顎の下が腫れる

 

 

歯周病菌が引き金となって重大な病気を引き起こすこともありますので、早めの対策が必要ですね。

 

このページでは愛犬の口臭の正しい対処法を紹介していますので、毎日の生活の中で一度実践してみてください。

 

サプリメントのキュアペット(CUREPET)を使う

 

愛犬の口臭で悩まされている飼い主さんには、サプリメントの【キュアペット】がおすすめです。

 

大切に育てている愛犬にこのような悩みはありませんか?

 

・舐められた部分が臭う
・吐息から腐敗臭がする
・口に近付くと魚臭い

 

ワンちゃんの口臭や腐敗臭を改善するために、キュアペット(CUREPET)は作られました。

 

愛犬の口臭対策にサプリメントのキュアペット(CUREPET)がピッタリなのは、毎日の食事で不足しやすい次の成分や栄養素を含んでいるからです。

 

・腸内の善玉菌を増やしてバランスを整えて身体の内側から綺麗にする「プロバイオティクス(有胞子性乳酸菌)」
・アミノ酸やポリフェノールが豊富で、腸内環境の改善に効果を発揮する「シャンピニオンエキス」
・胃腸の働きを促して食欲不振を体内からサポートする「ビール酵母」
・口腔内をケアしたり腸の働きを正常化したりしてくれる「クマ笹末」
・胃腸の働きをサポートして消化吸収の機能を助ける「植物発酵エキス」

 

身体の内側から働きかけてくれる整腸成分や消臭成分をバランス良く含んでいるのがキュアペット(CUREPET)の最大の特徴ですね。

 

腸内バランスが保たれればお口のトラブルは少なくなりますので、愛犬の口臭の対処法で悩んでいる方はキュアペット(CUREPET)を食べさせてあげてください。

 

https://dog-food.club/supplements/457

 

 

念入りにデンタルケアを行う

 

サプリメントのキュアペット(CUREPET)で身体の内側から口臭が発生しにくい腸内環境を作っていても、デンタルケアを怠っていては意味がありません。

 

歯磨きをすることなく歯垢や歯石を放置していると、口臭が悪化して歯周病など別の口腔トラブルのリスクが高まります。

 

サプリメントを飲んでも歯に付着した歯垢や歯石は除去できないので、以下のようなデンタルケアを毎日の生活で欠かさずに行いましょう。

 

・犬用の歯磨き粉を用意して、前歯から徐々に奥歯へと小刻みに動かしてブラッシングする(人間用の歯磨き粉には犬にとって有害なキシリトールを含んでいるのでNG)
・市販されている歯磨きシートを購入し、指に巻き付けて力を入れないように愛犬の歯を優しく擦る(愛犬の好みに合うフレーバーを使うのがポイント)
・「アドメイト ナチュラルコットンロープ」「ドギーマン コットンボーループ 」「犬用歯磨きおもちゃナイラボーン」などの歯磨き効果のあるおもちゃを使う

 

ブラッシングや歯磨きシートで歯垢が固まって歯石に変化する前に取り除いていれば、口臭や歯周病の悪化を予防できますよ。

 

ただし、愛犬の歯周病が進行していると自宅でのケアでは改善が難しいので、動物病院を受診して全身麻酔によるスケーリング(歯石除去手術)治療を行ってください。

 

 

日々の食生活を見直す

 

タンパク質や脂質、ニオイの強い食べ物を食べさせ過ぎていると、愛犬の口臭は酷くなる傾向があります。

 

そこで、次のように日々の食生活を見直すのは愛犬の口臭対策として効果的です。

 

・手作りフードを食べさせる時は、タンパク質を多く含む「豚肉」「ささ身」「カッテージチーズ」を与え過ぎないようにする
・質の悪いフードや古いフードを食べさせない(愛犬の年齢に合う良質なドッグフードを与える)
・スプーン1杯のヨーグルトを1日に2回を目安に与える(乳酸菌が腸内の悪玉菌を減らしてくれる)

 

愛犬が元気良く成長するには、ドッグフードが欠かせません。

 

コンビニやディスカウントショップには低品質なドッグフードが出回っていますので、犬が生きていくために必要な栄養素がしっかりと詰まった高品質な製品を選びましょう。

 

口臭トラブルまとめ

 

以上のように、愛犬の口臭が酷くなる原因と今すぐに行いたい対処法をまとめました。

 

1日や2日で口臭が改善されるわけではありませんが、「サプリメントを飲ませる」「歯磨きを徹底する」「日々の食生活を見直す」といった方法は効果的です。

 

口臭が酷いと口腔トラブルや腸内環境の乱れの可能性が高いので、少しずつ愛犬に合う対策を行ってみてください。

 

TOPへ